山村暮鳥のうた

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円
通報する

活動14年にして初めてのCDがついに完成。
ゲスト多数参加。
自主制作盤。

2019年2月15日発売
定価 2000円+税

<参加>
植村昌之:ウクレレ
菅原雄大:チェロ
宮坂洋生:コントラバス
ロケットマツ:アコーディオン、ピアニカ、マンドリン
松井亜由美:ヴァイオリン
川松桐子:トロンボーン
​野津山智一:クラリネット

<意匠>
​小倉紘(GRAFFIC FACTOR)

-

「山村暮鳥のうた」は、新しき開拓である。
美しさとはなんだろうか。美しさに誠実であることとは、どういうことだろうか。
このうたは日々の中でいつも見失ってしまう生活の美しさを、開拓するための鍬である。
このうたを流行歌のあいだに置いてみるがいい。その異質さこそがこのうたの魅力なのだ。
山村暮鳥という100年前の詩人の言葉は重い。忘れ去った始まりを思い出せと迫ってくる。
このうたはその詩との幸運な出会いだ。100年をまたいだ純粋な恋愛だと言ってもいい。

――首藤 幹夫 / 写真家
​​
-

大野慎矢さんへ
歌声がとても好きです。
素朴で、不器用で、優しく、芯のある歌。
もっと、どんどん歌ってほしいです。

山村暮鳥さんへ
とても辛い事があり、都会の雑踏で途方にくれていた日や、
よく知らない田舎町で、ぼんやり空を見上げていた時のこと。
思い出させてくれて、ありがとうございます。

――松井 文 / 歌手

-

僕はフォークは良くしりませんが、大野君の歌は山村暮鳥が其処に居る様な感じで、詩の情景がそのまま浮かんでくる、見事な作品になってると思いました。
ホコリが被ってる記憶の引き出しの隅に、寂しさにその針を呑み、という言葉があった様な気がします。リリースおめでとう㊗️

――金井 太郎 / 作曲家、ギタリスト from Pascals

-

大野くんと暮鳥。
その縁はどこへ向かって何をつかむのかなぁと思う。
到達点はわからないが、心のまま感じるままに作品を仕上げる事が一番だろう。
そして完成した「山村暮鳥のうた」のアルバム。
丁寧に作られた音と歌は「詩」と向き合っている。しかし堅くはない。
それは暮鳥の詩の持つ童話チックなフレーズが柔らかく時間を紡いでいるからだと思う。そこがいい。
聴き終わった後に残る雲雀のさえずり。

――青木 タカオ / フォークシンガー、地下生活者の夜・主宰

-​

物心ついた時から土の中にいて、孤独であることだけを救いに、身体の節々まで寂しさでいっぱいになった男が、ようやく土まみれの顔を出して微笑みかけてくるような。その微笑みのぎこちなさ。そのぎこちないやさしさ。
素晴らしい演者たちに囲まれ、唯一無二の“音楽”となったこのアルバムは、恐らく誰しもが呼応出来るものではないと思う。それと同時にその尊さを理解できる人にとっては、生涯聞き続ける1枚となるだろう。
「どこか深いところで啼いてゐるこほろぎ じぶんを遠いとほいむかしの方へひつぱつてゆくその聲」

――渡邉 知樹 / 絵本作家