トラペ座『灯地下』(ONM-004)

¥ 3,300
Pre-Order Item

Scheduled shipping date: 12/15/2020

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Smart-Letter

    This shipping method cannot have the delivery status and guarantee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 180JPY
Report

・定価: 3,300円 (本体価格: 3,000円+税)
・商品番号: ONM-004
・2020年12月15日 発売

—こっちへおいで さあ 宴を尽くそう

東ヨーロッパ~コーカサスの狂騒と悲哀を練り合わせて、短編の無声映画をつなぎ合わせたかのようなテーブルミュージック。

‘17年発表の1st「TRAPEZA」から3年半ぶりとなるトラペ座の2ndアルバムは、1時間30分強、2枚組の大作となった。 この2020年という全世界がウィルスの驚異に大なり小なり揺れうごく渦中で制作され、現在のトラペ座のすべてを惜しげなく詰め込んだドキュメンタルな作品だ。

‘19年から3人編成となった彼らは、多田葉子:クラリネット/ソプラノサックス、大野慎矢:アコーディオン/ガイダ(東欧のバグパイプ)、菅原雄大:チェロのデフォルト編成を軸として、 多田がバスクラリネットを、大野がブルガリア・ロドピ地方特有の低音のカバ・ガイダを導入するなど、編成においても新機軸を見せている。

収録曲は、リーダー大野慎矢の自作曲を中心に、多田・菅原も楽曲提供している他、ギリシャ/ブルガリア/ジョージア/アルメニアの民謡、舞踊曲から、 ギリシャの国民的作曲家マノス・ハジダキスの映画音楽や、アフガニスタンの英雄的歌手アフマッド・ザヒールの歌をインストでカバーしている。 東欧の民謡由来の5拍子を使って、情念深い日本語の歌詞で歌われる「野辺のうたげ」や、ギリシャ民謡を日本語で意訳して歌う「Tzivaeri わたしの宝もの」「肉屋の踊り」、 抒情的な「ひるのゆめのあわい」など、今回は歌ものの曲も印象深い。

録音は、トラペ座が定例企画を主催する渋谷・公園通りクラシックスにて行われ、 サウンドエンジニアはムーンライダーズ、こまっちゃクレズマなどのドラマーとしても知られる 夏秋文尚が、前作に引き続き担当している。 ゲストミュージシャンとして、ロケット・マツ(from パスカルズetc)、夏秋文尚もパーカッションで参加している。 ジャケットは、写真家の三浦麻旅子によるアートワーク。

宴=テーブルの音楽を標榜する彼らの新たな出発点となった今作「灯地下」は、情念と泥臭さとがますます極まり、味わい深い余韻を残す美しいアルバムとなった。

■収録曲:
Disc 1
1. Tamara Bar
2. ヴァルタンの踊り
3. 歓喜の市
4. Tzivaeri わたしの宝もの
5. 砂人
6. トーチカ
7. かぎろひ
8. 肉屋の踊り
9. Tamara Bar
10. おどけしのはな

Disc 2
1. 野辺のうたげ
2. 破綻の調べ
3. ロドピの民謡
4. ラマリア
5. イリーニャ・イリーニャ
6. トロッコに乗って
7. ひるのゆめのあわい
8. 深い川のむこうで
9. Hama Yaranam

■演奏:
多田葉子:クラリネット、ソプラノサックス
大野慎矢:アコーディオン、ガイダ(東欧のバグパイプ)
菅原雄大:チェロ
ロケット・マツ:ピアノ、マンドリン
夏秋文尚:パーカッション

■トラペ座 プロフイール
2013年、東京で結成。ギリシャ語・スラブ諸語で「テーブル、宴席」を意味する「トラペザ ТРАПЕЗА」と、日本語の「車座」を掛け合わせて命名。 東欧、バルカン半島、黒海沿岸、コーカサス地方の民謡・舞踊曲や、歌謡曲、映画音楽、そしてそれらをオマージュした創作曲をレパートリーとしている。 メンバーは、こまっちゃクレズマ/うたものシスターズ/プチだおんを始め多くのバンドで八面六臂の活躍を繰り広げるサックス/クラリネット奏者・多田葉子、アコーディオン奏者でもあり日本では稀少なブルガリア/ギリシャのバグパイプ「ガイダ」のスペシャリストでもある大野慎矢、 biobiopatata/theBIGWAY等のグループや、舞台の劇伴、歌もののサポートなど縦横無尽のチェロ奏者・菅原雄大、の3人編成。 その独自の楽器編成で、東欧由来の複合拍子を用いた舞踊曲による狂騒・祝祭感、日本語で歌われるオリジナル民謡や、まるでロシアや東欧の古い映画でも見ているような情緒ある音世界で、ユメとウツツのあわい、喜怒哀楽の遍路へといざなう。 東京を中心にレストランやライブハウスなど場所を問わずライブ活動を展開している。2020年6月から渋谷・公園通りクラシックスにて自主企画「灯地下 точка」を定例主催。

2017年、1stアルバム「TRAPEZA」(録音エンジニア/夏秋文尚 )をリリース。
2020年末、2枚組の2ndアルバム「灯地下」(録音エンジニア/夏秋文尚 )をリリース。